つばきウイメンズクリニック

FACILITY

  • クリニック
PR

つばきウイメンズクリニック

愛媛県松山市北土居5丁目11番7号

089-905-1122

この施設のポイント

愛媛県松山市に位置するつばきウイメンズクリニック。2015年の開院以来、3,700人を超える患者さまが妊娠されています。人工授精、体外受精を実施することができる上、子宮内フローラ検査、慢性子宮内膜炎、ERA、PGT-A、Th1/Th2といった最新治療検査も行えます。卵管鏡下卵管形成術(FT)や子宮鏡下手術、男性不妊にも対応しており、患者さまの状況に合わせて治療法を選択することが可能です。不妊治療のみならず、一般産婦人科診療、無痛分娩、ウィメンズヘルスケアを中心とした診察を実施しているため、生涯に渡って専門性の高いかかりつけ院として安心して通院することができます。

レーダーチャート項目詳細

人工授精件数⑤ 1500件 
④ 800件 
③ 200件 
② 100件 
① 50件以下

採卵件数⑤ 1000件 
④ 500件 
③ 100件 
② 50件 
① 0件

移植件数⑤ 1000件 
④ 500件 
③ 100件 
② 50件 
① 0件

男性不妊(泌尿器科医在籍)⑤ TESE実施施設 
④ 精索静脈瘤手術実施施設 
③ 男性不妊外来設置

平均滞在時間⑤ 1時間以内 
④ 1〜3時間 
③ 3〜4時間
*採卵・移植等の処置の通院を除く

治療内容

人工授精 体外受精 顕微授精 体外受精+顕微授精
669件 3件 457件 597件
新鮮胚移植 凍結融解胚移植 精巣内精子回収術  
0件 1262件 7件  

胚盤胞を破棄するグレード ・BB未満

配置人員

産婦人科専門医 生殖医療専門医 臨床遺伝専門医 管理胚培養士
8名 2名 2名 1名
看護師 不妊カウンセラー 不妊(体外受精)コーディネーター 生殖医療相談士
36名 1名 2名 2名

*ヒアリングの回答を元に制作しています(2023年度)

万全な医療体制で患者様の状態に合わせた治療が可能

つばきウイメンズクリニックの不妊治療は、基本的にテーラーメイド医療で行っています。人工授精、そして高度生殖医療の体外受精も行っていますが、女性の場合は、患者様の不妊原因に多角的にアプローチできるよう、さまざまな検査や治療法に対応できる体制が整っています。また、男性に関しても、男性不妊の先駆的な治療や研究を行う獨協医科大学の岡田弘特任教授による、診察、手術も受けることが可能になっています。また、不妊カウンセリングで心理面もサポートしています。患者様一人一人に合わせた治療で、妊娠への最短アプローチを目指します。

 

タイムラプス専用の培養器と管理培養士である院長の管理で安心

つばきウイメンズクリニックでは、最新型のタイムラプス専用の培養器であるエンブリオスコーププラス(EmbryoScope+)を導入。タイムラプス培養では妊娠の可能性がより高い良好胚を選択するため、受精卵の発育過程を連続的に動画として記録し、観察が可能です。一般的には受精卵の発育の様子を見るために、培養器の外に出して観察するケースがありますが、つばきウイメンズクリニックの培養環境では外に出さず継続的に安定した観察を行えることが最大のメリット。さらに、受精卵の管理は管理胚培養士である鍋田院長が、直接指導と管理を行っているため、安心感が違います。培養室が高度生殖医療の核である、と考えているからこそ、最新の設備と胚の管理を徹底しています。

胚は一旦凍結し、子宮内膜を整えて融解・移植を実施

つばきウイメンズクリニックでは、採卵の方針は基本的に凍結保存を行います。卵巣刺激後のホルモン値上昇による卵巣過剰刺激症候群や子宮内膜の状態等を踏まえ、新鮮胚移植を行わない方針です。子宮内膜調整を行い、内膜がベストな状態で凍結した胚を融解・移植するという方法をとるようにしています。


 

妊娠するけれども、出産に至らない方に。不育症も対応

日本産科婦人科学会用語委員会の定義で、妊娠22週未満の妊娠中絶(分娩)を流産とし、その自然流産を連続して3回以上繰り返す状態を習慣流産、 連続2回の自然流産をされた患者さまは反復流産と呼ばれます。これらの流産に加え、早産や死産などにより生児が得られない患者さまを総括して不育症と呼びます。つばきウイメンズクリニックでは、不育症患者さまに対する治療として、スクリーニング検査を行い、必要な治療を行います。

不妊カウンセリングも実施しています

つばきウイメンズクリニックでは、生殖医療相談士による、不妊カウンセリングも実施。不妊治療の辛い治療の中で、心身のバランスを保ちながら日々過ごすことは、とても大変なことです。治療に関する不安や葛藤、パートナーとの悩み、気持ちのモヤモヤなど、ご相談内容は様々ですが、どのようなお話でも聞いてもらえる体制が整っています。

 

*不妊カウンセリングは、月2回程度(14:00~)に実施しております。

事前に院内掲示もしくはクリニックインスタグラム(tsubaki_w_c)にて日程をお知らせいたします。 詳しくはクリニックまでお問い合わせください。



二人目不妊でも、保育園に預けて通院が可

つばきウイメンズクリニックでは、2人目不妊の方でも、安心して通院できるよう、「エルパティオ保育園」と提携しています。利用料金をお支払いいただき、利用することが可能です。

●エルパティオ保育園
・住所:〒791-1104 愛媛県松山市北土居3-2-25
・営業時間:7:00〜20:00(月〜土曜日)
・電話番号:089-956-3325
・HPはこちら
・利用料金目安

受付時間 2時間まで
一律
4時間まで
一律
5時間 6時間 7時間 給食
提携価格 500円 800円 1,000円 1,500円 2,000円 300円/食

 

 

診療・検査費用

【初診検査の項目】

・月経周期と関係なく行う検査項目(初診)

・問診 ・内診

・超音波検査

・血液型

・感染症

・血球検査、肝機能、腎機能、凝固系 ・甲状腺ホルモン(TSH、fT3、fT4)

・精液検査 ・インスリン抵抗性

・AMH(アンチミューラリアンホルモン)

・抗核抗体

など

 

 

つばきウイメンズクリニック院長 鍋田基生✖️東尾理子対談

施設名 つばきウイメンズクリニック
住所 愛媛県松山市北土居5丁目11番7号
TEL 089-905-1122
診療時間
受付時間
9:00〜
12:00
15:00〜
18:00
〇*

*土曜午後は17:00まで
男性不妊外来:月1回・完全予約制/土曜 15:00〜17:00・日曜 9:00〜11:00

定休日 日・祝日・水曜日午後
HP https://tsubaki-wc.com/
予約サイト https://tsubaki-wc.com/about/reservation.html
費用 https://tsubaki-wc.com/about/clinic_cost_reproduction_1.html
その他 お車でのアクセス 市内中心部より約15分、松山インター出口より約3分 松山空港より約15〜20分[松山外環状線道路開通後は、約10分(今後開通予定)] バスでのアクセス 伊予鉄道バス「椿前」バス停より徒歩約4分 駐車場 84台

この施設のこだわり条件